MENU

様々な害がある

はと

早急な対策が重要

鳩害とは、鳩により受ける様々な害のことをさします。鳩といえば平和の象徴でもあり、害獣と思って見ている人はあまり多くないかもしれません。ですが実際は様々な形で害を与えることがありえます。場合によっては健康被害や経済的損失を被る可能性もあるため、軽く見ることはできないものなのです。代表的な鳩害として糞による害があげられます。糞により起こる害としては、病気の発生、匂いの発生、美観の損傷、金属の腐食などが代表的なものです。鳩の糞から病気や寄生虫が発生することもありますし、においや見た目が悪くなることも問題です。糞により金属が腐食することもあり、建物の耐久性に影響を与えてしまいます。さらに工場や店舗では商品が汚されるという経済的損失が起こることもあり得ます。鳩は体重に対して食べる量が非常に多いため、糞の量も多いです。一度糞をしたところは安心して近寄るという習性もあるため、繰り返し糞害が起こるという特徴もあります。糞の鳩害を防ぐにはこまめな掃除が欠かせませんが、このような特徴から毎日それなりの時間をかけて掃除する必要があり、コストも手間もかなりとられてしまいます。また、糞害から別の鳩害が起こることもあります。鳩が建物に住み着いてしまうと鳴き声による害や抜け毛などによる害もあります。糞害もよりひどくなります。このような事態を防ぐためにも、鳩が集まっているのに気づいたら早急に対応すべきです。忌避剤や鳩除けネットなどもよいですが、確実に行うなら専門家に依頼すべきでしょう。