MENU

鳩の被害を抑える工夫

ハト

撃退グッズの特徴を知る

フン害や騒音被害などの鳩害から身を守るためには、鳩を人の居住スペースに近寄らせないようにする事が肝心です。そうした時に使用されるのが、一般向けにも市販されている鳩の撃退グッズです。一番手軽なのは忌避剤の使用です。鳩が本能的に嫌がる成分が含まれた薬剤によって鳩を遠ざけるグッズで、いわゆる虫除けの鳩バージョンと言えます。人間にとっては不快感がないという特徴があり、特別な施工も必要ありません。その分鳩害対策としては初歩的で、まだ鳩が定着して間もない状態での使用が基本です。目に見えた効果を期待するなら、網を張って鳩の飛来を妨害する防鳥ネットの施工がおすすめです。特に高層建築のベランダなどで効果があり、街中のマンションやオフィスビルなどでもよく見かけます。一度設置してしまえば、網が破れるまで効果が持続するのでコストパフォーマンスに優れた特徴があります。建物の美観を損ねないように目立ちにくくなっている網や、あえて目立たせることで視覚的な妨害効果を持たせた網など、状況に応じて種類も選べます。その他にも粘着ジェルや防鳥ワイヤーなど種類のある撃退グッズですが、ねずみ捕りのように鳩を捕獲するグッズはありません。それは鳩を意図的に傷つける行為が法律で禁止されているためです。色々撃退グッズを試したが鳩害が収まらない、という場合は鳩の駆除許可を行政から受けている専門の鳩駆除業者に相談しましょう。的確な施工が期待できますし、作業後のアフターフォローもしてくれるので、長期的な鳩害対策として最も効率的です。また、作業現場が高層階になるような場合は、簡単な施工でも危険がつきまとうので、始めから業者に依頼するようにしてください。